ホーム > 慰謝料は?治療費は?

慰謝料は?治療費は?

慰謝料は?治療費は?

交通事故の補償内容について

治療費

診療費、入院費、手術費、転院費など。
※整骨院での治療費も含みます。

交通費

通院時に使用する交通費(車のガソリン代、パーキング代、タクシー代など)
領収書は、しっかりと残し、保管するようにお願いします。

休業損害費

自賠責保険は、1日につき5,700円が付与されます。
なお、日額5,700円以上の給与がある場合は、19,000円を限度額とし、規定の算出方法にて計算します。

給与所得者

過去3ヶ月の1日当たりの平均収入額が基準となります。
事故する直前3ヶ月の収入{基本給+諸手当}÷90日×認定休業日数(勤務先総務部門の作成物、代表印、代表者名)

アルバイト、パートなどの非正規社員

日給×事故する直前の就業日数÷90日×認定休業日数(勤務先の証明必須)

事業所得者

事故する1年前の所得税確定申告所得を基準に1日当たりの平均給与を算出します。

専業主婦などの家事従事者

家事が出来ない程の症状の場合は、収入減少とみなされ、1日5,700円を上限として付与されます。

慰謝料について

慰謝料について

慰謝料は、被害者が交通事故の衝撃で受けた精神的な苦しみに対して1日4,200円を限度額として支払う賠償金のことです。

交通事故治療は、自賠責保険や任意保険を使いますので、医療機関に通院する際に発生する費用を患者様が負担することはございません。休業損害や慰謝料によって賄われます。

なお、万が一、相手側が保険に入っていなかった時に、ひき逃げされても特別に補償する制度があります。
交通事故の治療を行う時は、患者様が加入されている健康保険は使用しませんが、手続きの申請後に使用することもできます。
慰謝料の支払われる対象日数は、治療期間と実治療日数によって算出されます。

治療期間

治療を開始した日から治療が終了する日までの日数

実治療日数

実際に治療の為に通院した日数×2(※)と治療期間の少ない方に4,200円をかけることで慰謝料が求められます。
※慰謝料の2倍補償されるのは、整形外科と整骨院に通った場合のみです。