ホーム > 胸部の痛み・腫れが治まらない

胸部の痛み・腫れが治まらない

胸部の痛み・腫れが治まらない

ハンドル外傷

ハンドル外傷

ハンドル外傷は、車で正面衝突をしてしまった時に運転手がよくなる外傷です。
また、事故時に万が一運転手がシートベルトをされていなかったら、衝撃によって身体が前に移動し、膝がハンドル下にあるインスツルメントパネルの縁に当たってしまうことがあります。
そうすると身体が持ち上がってしまい、フロントガラスへ頭部が当たり、勢いで後方に跳ね返ります。
このように勢いで身体が投げ出されてしまうことで、胸部や腹部がハンドルに当たってケガをされる方が多くいらっしゃいます。

ハンドル外傷による怪我

腹部の外傷は、肝臓や膵臓、十二指腸を損傷します。
また、胸部は肋骨骨折、肺の損傷、心損傷の外傷がよくございます。

その他にも頭部をフロントガラスにぶつけた際にガラスが割れて、その破片によって顔を傷つけることもございます。
最近は、エアバックの発展によって死亡事故は減少しておりますが、ケガの発生を防ぐ為に日頃からシートベルトの着用を忘れずに行いましょう。

ハンドル外傷の処置

アイシングにより抑えてからしっかりと固定します。
万が一、打撲や骨折の症状がひどいと整骨院では対応しきれないケースもございますので、そのような場合は当院より医療機関をご紹介させて頂きます。