ホーム > 頭痛,めまい,吐き気が治まらない

頭痛・めまい・吐き気が治まらない

頭痛・めまい・吐き気が治まらない

交通事故による頭痛・めまい・吐き気

交通事故に遭い、暫くしてから頭痛・めまい・吐き気などの症状がでる場合があります。
主な原因として、次の4つが挙げられます。

交通事故による強い衝撃を受け頭を打った(揺さぶられる) バレ・リュー症状型 事故による精神的ショック 頸椎の捻挫による筋肉の損傷や過度の緊張
生命を第一優先で考える

交通事故で一番怖いのが頭部へ衝撃を受けた時です。
衝撃が軽かったので、もし大丈夫と思っていても外傷性の脳梗塞や脳内で出血を引き起こすこともございますので、頭部をぶつけた時は、すぐに相談して下さい。
できれば、脳の精密検査を受けることをオススメ致します。

バレ・リュー症状型により引き起こる症状
バレ・リュウー症状型により引き起こる症状

「バレ・リュー症状型」は血行に関係する交感神経を傷つけたり、頸椎に沿っている椎骨動脈の血流が低くなり、めまいや吐き気などの症状を引き起こします。

また、他にも後頭部や首の後ろに痛みが発症する場合もあります。
人によっては、心臓が痛くなったり、息苦しさが出たり、喉に不快感を感じて声がかすれたりすることもあります。

精神的なストレスからのものかどうか
精神的なものかの判断

精神的なストレスが引き起こされる判断の目安としては、胃潰瘍や胃炎になっていないかどうかで判断します。

事故の衝撃によって精神的なストレスで胃潰瘍の場合は、胃以外にも悪影響を及ぼしている可能性があります。

このような時は、内科でも検査を受けることをオススメ致します。

また、整形外科での診断で「精神的なもの」と判断する場合は、原因が結局分からないから、そういった判断にしてしまう事があるようですので、そういった病院では治療は受けない方がいいでしょう。