ホーム > むち打ちが治らない

むち打ちが治らない

むち打ちが治らない

むち打ちについて

むち打ちについて 交通事故とむち打ち

年々、交通事故件数は増加傾向にあり、追突事故が原因で、むち打ち症になる患者様が多くいらっしゃいます。

むち打ち症について

「むち打ち症」とは、車で追突された際に首や背中に強い衝撃が加わり、首がムチのようにしなることから「むち打ち症」と呼ばれております。

むち打ち症状の自覚症状

一般的な自覚症状では

首の痛み・めまい・頭痛・倦怠感・手足へのしびれ・感覚の麻痺など

の症状が出たりします。
重度な症状になると、ふらつきや膀胱に障害を起こすこともございます。

むち打ちの分類

頚椎捻挫型

むち打ちは、頸椎捻挫型が最も多く、むち打ちの約70%以上を占めています。
頸椎捻挫型とは、首の骨のいわゆる頸椎周辺の筋肉や靭帯を傷つけてしまい、首や肩の周りに痛みを発症します。
また、滑膜の損傷によって、可動域が制限される為、治療を行わないと可動域制限が不可逆的に残ることがございます。

根症状型

根症状型とは、頸椎に歪みが生じて、神経が圧迫されることで発症します。
自覚症状としては、「首が痛む」「腕が痛み腫れる」「後頭部が痛む」「顔面が痛む」などがあります。
このような症状が起きると、咳やくしゃみをするだけでも痛みが出たりします。

バレ・リュー型

バレ・リュー型は、事故の衝撃によって頸部にある自律神経(主に交感神経)が機能障害を起こします。
自覚症状としては、頭痛・めまい・吐き気・耳鳴り・難聴・目のかすみ・視力低下・腕のしびれなどがあります。
しかし、バレ・リュ―型の診断は一般的に難しく、耳、眼、心臓、咽頭、頭、腕などの様々場所に症状が現れます。
よって、自覚症状として現れている症状に見合った専門家へ受診することをオススメ致します。

脊髄症状型

脊髄症状型は、脊髄や下半身まで伸びている神経が傷ついてしまうことによって下肢にしびれや知覚障害が起き、通常の歩行に障害がおきるようになります。
また、人によっては、尿や便が出づらくなり、「膀胱直腸障害」が起きることがあります。

脳脊髄液減少型

脳脊髄液減少型は、事故時の衝撃によって、髄液が体内に漏れて、髄液が減ることで頭痛・めまい・耳鳴り・倦怠感などの様々な症状が出てきます。

むち打ち症の後遺症により、日常生活に支障をきたす事もあります。症状が軽いからとそのままにしておく事はせずに、早めに相談しましょう!