ホーム > 治療したがしびれが治まらない

治療したがしびれが治まらない

治療が終わったがしびれが治まらない

交通事故後の患部のしびれ

交通事故後の患部のしびれ

交通事故による患部のしびれで、よくご来院いただくのが手足のしびれです。

事故時に受ける強い衝撃で手足にかけてよく痺れるケースがございます。
手足の痺れが悪化すると、めまいや吐き気をうったえることもあります。

寝返りをうつときに不快感を覚えたり、歯みがきがしんどかったりと日常生活の中でストレスを与える症状の一つと言ってもいいでしょう。

むち打ちによるしびれ

むち打ちによるしびれ

むち打ちによるしびれは、くしゃみや咳をした際のちょっとした首の動きだけで痛みを感じたり、痺れから麻痺を引き起こし知覚障害が出たりします。
筋力低下を引き起こすこともございますのでご注意下さい。

なお、しびれや痛みがない時に検査をしても症状が起きている箇所を特定することは困難ですので、しびれを感じた時はすぐ検査を行い、障害が起きている箇所を特定し、早期に治療を行うことをオススメ致します。

しびれの慢性化について

むち打ちのしびれが軽度であれば、「まぁ大丈夫だろう」と思われる方も多くいらっしゃいます。
しかし、ちょっとしたしびれでも放置しておくと後に様々な症状を引き起こすことがあります。
そうすると、しびれている箇所の範囲が広がる且つしびれの度合いが強くなったりすることがございますので、軽視せずに定期的に治療を続けましょう。

治療方法

治療方法

しびれが軽めの場合は、軽めの運動によって症状が良くなることもございますので、ストレッチや体操にて身体を適度に動かしましょう。

しかし、しびれや痛みが強い、吐き気が治まらないなどの場合は入念に検査を受けて治療を行いましょう。

鍼灸院整骨院アークでは、血流を良くする為のマッサージや鍼治療によって、しびれの症状を治癒します。
また、当院ではご自身で自宅などでも可能なストレッチ、マッサージの方法もご教示させていただきます。